2006年03月31日

『ウィズネイルと僕』の序文



『Withnail and I』の脚本は、1996年に出版されたが、ブルース・ロビンソンが序文をつけている。この文章がとても感動的だと思うので、ちょっと翻訳してみた。文章の中でも時間が飛びまくっているので、上手く訳せていないのだけれども、そこはご容赦を。
原文は、Criterion版のDVDのリーフレット、あるいはCriterion社のホームページの『Withnail and I』紹介ページにも転載されている。
ここで読めます。

ちなみにウィズネイルのモデルとなったVivianは、1995年に喉頭癌で亡くなったそうです。



以下、翻訳した文章です。
posted by heathertop at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Translation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。