2006年03月22日

ウィズネイルと僕/Withnail and I




[原題]
Withnail and I

[監督・脚本]
ブルース・ロビンソン

[出演]
主演;リチャード・E・グラント
   ポール・マッガン
助演;リチャード・グリフィス、ラルフ・ブラウン、マイケル・エルフィック、ダラ・オマリー

[あらすじ]
カウンターカルチャー全盛の60年代も終わり頃。俳優学校を卒業したウィズネイル(Withnail)とマーウッド(Marwood=僕)は、ゴミの溢れた古いアパートで二人暮らしをしている。俳優の仕事も見つからないまま、ドラッグとアルコールに塗れた生活を送っている。
ロンドンの暮らしにうんざりした二人は、ウィズネイルのおじさんモンティの所有する田舎のコテージへ脱出することに。ところが、コテージの生活は雨続きで、彼らには食料もない。しかも、モンティおじさんはホモで、ことあるごとに「僕」へ迫ってくるし……。




続きを読む
posted by heathertop at 13:50| Comment(5) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

広告業界で成功する方法



[原題]
How to Get Ahead in Advertising

[監督・脚本]
ブルース・ロビンソン

[出演]
主演;リチャード・E・グラント
助演;レイチェル・ウォード、リチャード・ウィルソン、ジャクリーン・トン、ジョン・シュラプネル、ショーン・ビーン

[あらすじ]
ロンドンの広告代理店で働くバグリー(リチャード・E・グラント)は、おできに塗るクリームのキャッチコピーに苦しんでいた。苦しむうちに、自分の肩に出来たおできが気になり始める。だんだんと膨らんでいったそれは、やがて口をききだすのだが、おできの声を聞いているのは、いつもタイミングが悪くて自分だけ。妻(レイチェル・ウォード)もその存在を信じてくれない。だんだんと擬人化していくおできは自分の妄想なのか、それとも……。

[感想]
実はブルース・ロビンソンも少しだけ登場しているこの作品。(「おでき」&「幸せの青い小鳥さん/牡」の声)
粗筋を書いてみても訳の分からない話ですが、実際に観てみてもよく分からなかった。こういうユニークでシニカルな話は、むしろ小説にした方が納得できたかもしれない。
あるいは、物語の荒唐無稽さが映像のちゃっちさによって強調されているので、きちんと撮影できていれば、評価は全く違うものになっただろうか。
何しろ、制作会社の都合により、撮影開始一週間前に、いきなり予算が100万ポンド減らされたらしいのだ。総予算が380万から280万に減らされれば、その分だけ撮影期間が短縮される。CGや特殊効果もC級のスプラッタムービーなみの出来なので、ロビンソン監督の悔しさはいかばかりかと思われる。

それでも、脚本は素晴らしかった。単語と単語を組み合わせるだけで、こんなにも美しいセンテンスが生まれるのか…と、感銘すら受ける。そして、ラストシーンは映画ならではのスペクタキュラーだ。ホルストのジュピターに合わせ、REGが朗々と台詞を口にしながらイギリスの美しい田園風景を駆けていく様は、それだけでも観た甲斐があったというものだ。
(……ただし、日本語字幕には長さ制限があるせいで、原文の美しさが損なわれてるような気がした。ほんとは、DVDで英語字幕を付けて観たい。ブルース・ロビンソンの書く文章は、短くまとめてしまったら意味がないような、絶妙の美しさがある。日本の字幕は元脚本より思い切り短く縮めたものなのだという事実を知ったら、監督は悲憤慷慨しそうだ/笑)

また、英国における時代背景を考慮に入れないと、この作品の意味合いは薄れてしまうような気がする。
つまり、80年代のサッチャー政権末期に作られた、かなり政治批判の度合いの色濃い作品なのだ。経済優先でさまざまなクオリティ・オブ・ライフが切り捨てられていった状況に対する危機感を、コメディという形で笑い飛ばそうとしたのだろう。
同じ主張が込められたイギリス映画『ブラス!』は、もうちょっと分かりやすく明確なので、当時のクリエイター達の主張を知るためにはお勧め。(そうでなくても、映画として面白いのだが。「ユージュアルサスペクツ」のコバヤシさんことピート・ポスルスウェイトも登場するし)
物語の最後まで辿り着いてみると、前半の荒唐無稽さ、後半の不気味さが、物悲しくて皮肉な社会批判に結びついていることがようやく分かって、じわじわと感慨が沸き起こってくる。そういう意味で、最後まで観て面白さが分かる作品なのかもしれない。


続きを読む
posted by heathertop at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

ジェニファー8



[出演]
主演;アンディ・ガルシア、ユマ・サーマン
助演;ジョン・マルコヴィッチ、ランス・ヘンリクセン

[あらすじ]
アメリカの田舎町で、連続猟奇殺人事件が起きた。LAから出向してきた刑事ジョー・ベルリン(ガルシア)は、唯一の目撃者である女性(ユマ・サーマン)から証言を取ろうとする。ところが彼女は全盲であり、犯人と言葉を交わしているのにその姿を知らない……。

[感想]
非常に正統派のサスペンス。盛り上げ方も周到で、特にユマ・サ−マンが全盲であるということを上手ーく利用して緊迫感を呷ってくるのは、かなりドキドキする。それから、ジョン・マルコビッチがベルリンを延々と尋問し続けるシーンもあるのだが、これがまた怖い。
そして、ラストはあれこれ予想していたにも関わらず、完全に意表を突かれた。伏線不足という印象もあるが(苦笑)、それは仕方がないかもしれない。
……何故かというと、実は、映画の完成後に制作会社が強引にフィルムを20分カットさせたらしいのだ。その所為で、ラストはかなり唐突になっている。
あー、完全な状態が見れたらどんなに良かったことか! 

この映画を撮った1992年より後に、ロビンソン監督は監督業から離れてしまう。The Rum Diaryの脚本・監督を引き受けるまでの13年間の活動停止である。
どうやら上映時間のカットの他にも、プロデューサーと製作会社のいざこざなどがあって、全く思うように撮れなかったらしい。それもあって、映画界にこりごりしてしまったんだとか……。
ロビンソンによれば、この映画の最大の問題点は、主演がアンディ・ガルシアであることだ。彼がイメージしていたのは、アル・パチーノ。つまり、くたびれたおっさんである。
目が見えていたら絶対に付き合わないようなさえない中年男性と、全盲の美しい女性とが恋をするというのが、この物語のミソである。アンディ・ガルシアとユマ・サーマンじゃ美男美女の恋愛になってしまうというのが、監督は相当悔しかったらしい。
その分、物語の皮肉さ・切なさが多少薄まっているのは確かだ。ガルシアは頑張って「冴えない」人物を演じているんだけどね。

そうした多くの問題点を抱えつつも、非常に美しい映画である。画面ではいつも雨か雪が降っているのに、作品のイメージは乾いていてシニカルなのだ。希望とか正義というものが最初っから擦り切れてないような、そんな空気が漂っている。
ジョン・ベルリンが神の存在について吐く台詞がある。「人間の祈りを神は聞いているのか? いいや、聞いちゃいない。何故ならば……」
このベルリンの台詞の滑稽と悲観の混じり具合が、映画全体を象徴しているようだった。ハードボイルドに美学があった時代の、美しさと切なさを残した映画だと思う。




続きを読む(ちょっとだけネタバレ)
posted by heathertop at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

Paranoia in the Launderette


1998年、Bloomsbury社から刊行。
ブルース・ロビンソンの書いた小話です。手のひらサイズのポケットブックで、ページ数は44ページ。だから、500円ちょっとで買えるし、一気に読んで笑えます。ロビンソン入門としてはお手軽な一冊と言えましょう。
テレビ番組の脚本を書いているライターの「僕」が、コインランドリーで悲惨な目に合うという粗筋。あ、パラノイアなのは「僕」です。書いている脚本の影響で、凶悪犯罪者の影を見てしまうという…。おそらく、「僕」はブルース・ロビンソンの投影なんでしょうね。
とにかく悲惨で、アンラッキーの連続な「僕」。笑えます。「ウィズネイルと僕」のノリが好きだったら、こちらも楽しめるでしょう。
あと、短いので英語の勉強にはとてもお勧めです。ブルース・ロビンソンは、実はお手本みたいに整った文章を書く人なのです。だから英文法に慣れようと思ったら、この人の本を一冊読むと良いんじゃないでしょうか。
ただ、語彙は豊富すぎて難しいのが難点かもしれません。略語・口語の類が多いので、辞書で調べても判断つけられないことすらあります。(ロビンソンの頻出単語”Slash”がトイレに行くという意味だと、最近になってやっと気が付いた…)
が、そんなのは調べないで放っておけばいずれ見当がつきます(笑)。ディケンズの影響を批評家に指摘される巧みな散文で、笑いながら英語の勉強っちゅうのは如何でしょう〜?

続きを読む
posted by heathertop at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。