2006年05月02日

Happy Birthday Bruce Robinson!

bruce.JPG今日は5月2日。ブルース・ロビンソンのお誕生日です。
というわけで、まあ一年に一回くらいは良いでしょう。お気に入りの写真をペタ。多分、この写真は52歳くらい、「スティル・クレイジー」出演時のものですが、なーんて格好良いんでしょうね!
監督は1946年生まれ。つまり、今年で60歳になります。還暦です。数年前にお酒を止めてからは年齢不詳のところも減ってきましたが、最近も相変わらず渋くて頑固そうで偏屈そうです。
この調子で長生きして、是非とも「ラム・ダイアリー」を撮り終えて頂きたいなあ。酒を止める前はかなり不摂生な生活を送っていたみたいなので、つい最近まで私は、監督の早死にを覚悟していたのですが…(笑)。



さて、1946年といえば第二次大戦終了の翌年ですね。
実は、監督自身が自分はお父さんが戦争に言ってる間にお母さんが浮気して出来た子供だと説明しています。だから、お父さんは監督に暴力を振るったし、残酷なことを言っていたんだって。
その反動で、監督自身はものすごく子煩悩なお人らしいです。「Smoking in Bed」というインタビュー集でも、そのことは伺えます。彼が唯一参加している募金は”Save the children”だし、「スティル・クレイジー」のギャラは全てこの基金に寄付されてるし。
監督が小説としての処女作である「Peculiar Memories of Thomas Penman」について、このように言ってます。

「私は明らかに不幸な子供時代を送ったし、そのことに疑いはない。とても不幸な子供時代だ。…(中略)…それが、私を何度も何度も何度もタイプライターの元に座らせる理由の一つだと思うね、それを解決する方法を見つけようとして。だが、私には出来ない。何故なら、自分の過去を解決することは出来ないからだ。…(中略)…これは私の”終わっていない仕事”で、私はそれをどうやって片付ければ良いのか知らない。どうやれば良いんだ? どうやって過去を片付ければ良いんだ? それは私が最も憎んでいることで、私が物書きであることの最も大きな動機でもある。それが私を、ディス・プランの(「キリング・フィールド」の登場人物)、トーマス・ペンマンの(Peculiar Memories of Thomas Penmanの主人公)、あるいは誰かのシチュエーションに自分を置くんだ。それが私のやっていることだ。私の書くものの全ては、その意味で自分について書いているんだ。私は演技することが出来るが、これは私が今まで得意だったことはない。書くことについては、私は抜きん出て優れていなくちゃならない、何故ならそれが過去との戦争だからだ。他に方法はない、誓ってね、下らない文章を私が書くことは永遠にない、何故なら出来ないからだ。私は自分の子供時代とテニスをしているんだ、いわばね、そして私はこれからも自分の打つすべてのファッキン・ストロークを損じることはないだろう」("Smoking in Bed", p.230)

ちょっと意訳してますが、こんな感じ。(最後の文章は、I'm goin to win every fucking stroke now. です)
ここの答えは、「Smoking in Bed」で一番好きな文章で、私がロビンソン監督のことが大好き…というか愛しいよこの人…と思う理由でもあるのでした。
お誕生日、おめでとうございまーす。
【関連する記事】
posted by heathertop at 12:04| Comment(7) | TrackBack(0) | Essay | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
heathertopさん、こんばんは。

お誕生日ですが、IMDbでは2日、Bruce様サイト(REGの公式サイト管理人女史がやってるアレ)では1日になってます。一体どっち?と疑問に思いつつ、私は1日に小部屋をオープンしてお祝いしてしまいました。

IMDbによれば、THE RUM DIARYの公開はJohnny Depp待ちでどうやら2008年になるみたいですね。

あ、断酒してたんだ…(笑)。

「子供を虐待する位なら自分の喉をかき切って死ぬ」とおっしゃってましたね…「親父が俺を虐待したのはお袋への復讐の為だ」というのが切ないです。生まれた子には何の罪もないのに。
Posted by still crazy for STILL CRAZY at 2006年05月03日 00:14
こんにちわ〜! お、お返事が遅れて申し訳ありません・・・。せっかくのお誕生日コメントだったというのに〜。

そうなんですよね、正確にはお誕生日は1日なんでしょうか2日なんでしょうか?
どこかの本でも1日説を見かけたような気がしなくもないんですが・・・間に合わなかったので2日にしちゃいました(笑)。

ジョニデさんがプロデューサー兼主役なので待つのは仕方ないんですが、それにしても待ち遠しいです。
「パイレーツ」が今夏公開ですから、それが一段落したらRumDiaryに集中して貰えるかなあ・・・と思ってたんですけど。うーん。

ZEMBLAという雑誌で娘さんのインタビューに答えているんですが、本当に仲が良くて愛しているんだなあ・・・というのが伝わってくるんですよ。
自分の子供達とは良い関係を築けているみたいなので、そこのところは救われた気分になりますねえ。

断酒>
そうそう、どうも21世紀になってから始めたみたいで。前述のZEMBLAでも、「飲まなくなってから友達と会う機会が減って・・・」みたいなことを答えていたような。
まあ、長生きして頂きたいので、何にせよ良いことですわ。
Posted by heathertop at 2006年05月15日 14:38
heathertopさん、こんばんは。

Shadow Makers (Fat Man And Little Boy)を観終わり、余りの重さに気分も沈んでおります。

Johnny Depp氏は気軽にサインをして下さる有名人1位だそうで、そんな事を公表したらThe Rum Diaryで来日した場合あちこちで揉みくちゃにされて、我等が愛する監督は同行していたら引いてしまいそうですね(泣)。

ZEMBLAは例のあの雑誌ですよね?

個人的には、断酒よりも煙草を止めて頂きたい…です。しかし、止めたからには何か理由があるんでしょうね、肝臓が悪いとか…(心配)???
Posted by still crazy for STILL CRAZY at 2006年05月17日 00:17
わー、こんにちわ! コメントが遅くって本当にごめんなさい。(じ、実は海外旅行中なのです……)

「Fat man and little boy」をごらんになったんですね! 良いなあ……。原爆作成をめぐる話でしたっけ。確かに気分が暗くなりそうではあります。

ジョニデさんは気軽にサインしてくれるらしいですね。うーん、でも日本だとどうなんでしょ? 山のようなファンに囲まれちゃいそうな気もしますが。
ともかく、監督はどう考えてもそういうの嫌いそうですよね…。知らない人に見られるのが好きじゃないとか、自分で仰っていた気がします(泣)。
うーん、それでも万が一彼が来日することがあったら、一目見るために頑張ってしまいそうですよ。ジョニデさんのファンに負けないぞ(笑)!

そうです、ZEMBLAは例の娘さんがインタビューしている雑誌です。
きっと、ご家族(奥さんとか娘さんとか)の説得に負けて断酒したに違いないと勝手に想像しております。
でも、監督ってそれ以前に喘息気味ですよねえ?1985年くらいのPremiere誌のインタビューで、ものすごいスモーカーなのに長生きした例もある、とか負け惜しみを言っていたような気がしますが、素直に禁煙して頂きたいですよ、ほんとに。
Posted by heathertop at 2006年05月24日 04:21
heathertopさん、こんばんは。海外旅行中のご多忙の折レスありがとうございます。ご旅行中お気を付けて楽しんできて下さいね。

先日、現在DVD化されているBruce様関連作品が全て揃いました。RETURN TO PARADISEはまだ観てないのですが、近々時間を作って観る予定。THE DEVIL'S WIDOW(TAM LIN)とTHE MUSIC LOVERSをビデオで入手するか検討中です。THE BRUTEがDVD化されたんだから、その内DVD化されるんじゃないかという気がしないでもない…(苦笑)。

知らない人に観られるのが嫌い、ってそれで俳優になっちゃったら駄目でしょう(爆)?!

生Bruce様を拝むチャンスが滅多に巡って来ない事は容易に推測される為、来日実現の折には絶対一目拝みたいです!

そう!Bruce様は喘息持ちです。その「80歳過ぎ迄長生きのヘヴィースモーカー云々」はSmoking In Bedの中で出て来た記憶があります。「それはたまたまその人が生物として強かっただけですよ」と申し上げたいです…無茶しても全然平気な人はかなり稀ですもの。
Posted by still crazy for STILL CRAZY at 2006年05月26日 00:24
ご無沙汰しております。
無事に日本へ帰ってきたのですが、今月末にまた出かけなくてはいけないので、何だか一杯一杯です。ブログの更新もしたいんですけど…。

監督関連のDVDというと、Private Roadは入手なさいましたか?あれは一体どんな出来なんでしょう。外見的にはとてもお美しい時期なんですけれども。
「Music Lovers」は、実は結構好きな作品だったりします。あら、レビューしたことあったかな…。
Posted by heathertop at 2006年07月05日 15:05
heathertopさん、こんばんは。
ご多忙のご様子、くれぐれもご自愛下さいませ。

監督関連DVD(現時点で入手可能なもの)は全て入手完了しました。勿論PRIVATE ROADも買いました。これも英語字幕がないのでとても厳しい(爆)…が、何と言っても主役です。話の中身はあってない様なもので…正直面白くはないです。Bruce様の熱狂的ファンでなければ許容出来ないかな、と個人的に思います。

字幕と言えば、STILL CRAZYの北米盤には英語、スペイン語、ポルトガル語の他、中国語、韓国語、そして何とタイ語迄入ってます!試しにタイ語の字幕を出したら…まるで別の映画の様に見えました(笑)。

あと、DVD関連情報としては、来月RETURN TO PARADISEが日本で初DVD化されて発売されますよ。これも重たい作品です…。

THE MUSIC LOVERSとTAM LINは北米盤ビデオをamazon.comのマーケットプレイスで買うべきか否か悩んでおります。DVD化されるんじゃないかと思うと思い切れない!THE BRUTEだってDVD化されたんだもの、されない訳ない!と(強引)。
Posted by still crazy for STILL CRAZY at 2006年07月06日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。