2006年04月19日

ラスベガスをやっつけろ




すみません、繁忙期なのでブログが滞っておりますね。
ジョニー・デップの『リバティーン』が公開されている関係で、(多分)次回作の『The Rum Diary』もニュースになってました。ここです。でも、

再びトンプソン原作の映画「The Run Diary」で主演のほか製作も努める。

……Run Diaryって何ですか(笑)。皆さま、「走る」じゃなくて「ラム」日記ですよ〜。
The Rum Diaryの主人公はHSTをモデルとしたキャラクターですが、名前は違います。だから禿げとは限りませんが、モデルがHSTなので禿げかもしれないなあ。
でも、実在のHSTは格好いいですよ。これは彼が自殺した翌月のRolling Stones誌特集号の表紙。ジョニデさんがどんな髪型でも、HSTを演じるんだから格好いいに違いないです。
さて、彼が以前にHSTを演じた『ラスベガスをやっつけろ』を観ました。以下は、感想。


『ラスベガスをやっつけろ』

原作:ハンター・S・トンプソン
監督:テリー・ギリアム
主演:ジョニー・デップ
助演:ベネチオ・デル・トロ、トビー・マグワイア、キャメロン・ディアス、クリスティーナ・リッチ。

ドラッグとアルコールを大量消費する話で、しかもテリー・ギリアム監督だというんで、物凄く訳の分からない話を想像していたのだが、そうでもなかった。普通に面白い。
ジョニー・デップ(HST)とベネチオ・デル・トロがラスベガスでありとあらゆるドラッグを消費しながら、あの街の人と社会を観察する話。
ハゲ&変な帽子のジョニー・デップは、外見的にはHSTがぴったり嵌まっている。ただ、もうちょっとアクションを抑えて地味に演技しても良かったんじゃないかと思う。
映画の雰囲気全体についても言えることなのだが、サイケデリックでクレイジーなテイストが前面に押し出されているのだ。だが、HSTの小説の根本には、奥深い絶望感とナイーブで傷つきやすい感情があると思うので、そこのところをもうちょっと描写してもよかったんじゃないだろうか。
【関連する記事】
posted by heathertop at 15:41| Comment(1) | TrackBack(0) | The Rum Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。