2006年02月17日

The Rum Diaryについて


まだ全てのカテゴリに記事があるわけでもないんですが、新しく「ラム日記」をカテゴリに追加してみました。これは、ブルース・ロビンソンの最新作となる予定の現在進行形のプロジェクトです。
何しろ、これがロビンソンの最後の監督作品となる可能性がありありなので、全力をあげて情報収集していく所存です。何しろ、一作前の監督作品が13年前でしょ? 今年の5月で60歳になる監督が10年に一回しか映画を作らないとしたら……うーん、絶望的。
さて、『The Rum Diary』の詳細は、現時点で流れている情報としては以下の通りです。(つまり、変更もありえる)


【The Rum Diary】(ラム日記)

[製作会社]
FilmEngine

[スタッフ]
エグゼクティブ・プロデューサー:ジョニー・デップ、ニック・ノルティ
監督・脚本:ブルース・ロビンソン

[キャスト]
Paul Kemp(主人公):ジョニー・デップ
Adisson Fritz Yeamon(クレイジーな同僚記者):ジョシュ・ハートネット
Bob Sala(同僚のカメラマン):ベネチオ・デル・トロ
Lotterman (編集長):ニック・ノルティ
*ただし、ジョニデ以外のキャストについては、白紙に戻っている可能性も大有り

[公開時期]
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の撮影が終わり次第、『The Rum Diay』の撮影に入るらしい。一応2006年中の公開を目処にしているとのことだが、現在も脚本化の真っ最中であることを考えるらしいことを考えると、さてどうなることやら…。まあ、ロビンソン監督の撮影期間はたいていの場合短いですが。
とりあえず日本は来年以降であることは間違いなし。

[内容]
これだけは言っておく必要があるかも。『ラスベガスをやっつけろ』と同じハンター・S・トンプソン原作ですが、全然テイストは違います。殆どドラッグはなし、呑んだくれているけど、もっと静かでペシミスティックで整った物語ですから! ただし、主人公は同じHSTなので、ハゲの可能性は高い。
原作『The Rum Diary』はもうすぐ読み終えるので、本格的な内容紹介はそちらへ。

[トリビア]
・ブルース・ロビンソンは、色んなインタビューの中で自分が好きな作家にハンター・S・トンプソンを挙げていた。監督を引き受ける前から好きだったらしい。

・ジョニー・デップは『ウィズネイルと僕』の大ファンで、これまでにもロビンソンに何度もオファーしている。今回の『The Rum Diary』は4度目の正直。

・ジョニー・デップはハンター・S・トンプソンがすごく好き。トンプソンが去年1月に猟銃自殺した時も、葬式に姿を現している。

・ハンター・S・トンプソンは、アメリカの有名なゴンゾ・ジャーナリスト。(ならず者記者、みたいな意味らしい)自らドラッグをやったり性産業に関わったりして、それを記事にしていた。アメリカではものすごく愛されていた人。
ちなみに、彼の写真入りの記事がWalker Plusに。ハンター・トンプソンがとても格好いい。ジョニデさんが嬉しそうで、何だか可愛い。
【関連する記事】
posted by heathertop at 14:47| Comment(1) | TrackBack(0) | The Rum Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13389531

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。