2006年02月13日

ジェニファー8



[出演]
主演;アンディ・ガルシア、ユマ・サーマン
助演;ジョン・マルコヴィッチ、ランス・ヘンリクセン

[あらすじ]
アメリカの田舎町で、連続猟奇殺人事件が起きた。LAから出向してきた刑事ジョー・ベルリン(ガルシア)は、唯一の目撃者である女性(ユマ・サーマン)から証言を取ろうとする。ところが彼女は全盲であり、犯人と言葉を交わしているのにその姿を知らない……。

[感想]
非常に正統派のサスペンス。盛り上げ方も周到で、特にユマ・サ−マンが全盲であるということを上手ーく利用して緊迫感を呷ってくるのは、かなりドキドキする。それから、ジョン・マルコビッチがベルリンを延々と尋問し続けるシーンもあるのだが、これがまた怖い。
そして、ラストはあれこれ予想していたにも関わらず、完全に意表を突かれた。伏線不足という印象もあるが(苦笑)、それは仕方がないかもしれない。
……何故かというと、実は、映画の完成後に制作会社が強引にフィルムを20分カットさせたらしいのだ。その所為で、ラストはかなり唐突になっている。
あー、完全な状態が見れたらどんなに良かったことか! 

この映画を撮った1992年より後に、ロビンソン監督は監督業から離れてしまう。The Rum Diaryの脚本・監督を引き受けるまでの13年間の活動停止である。
どうやら上映時間のカットの他にも、プロデューサーと製作会社のいざこざなどがあって、全く思うように撮れなかったらしい。それもあって、映画界にこりごりしてしまったんだとか……。
ロビンソンによれば、この映画の最大の問題点は、主演がアンディ・ガルシアであることだ。彼がイメージしていたのは、アル・パチーノ。つまり、くたびれたおっさんである。
目が見えていたら絶対に付き合わないようなさえない中年男性と、全盲の美しい女性とが恋をするというのが、この物語のミソである。アンディ・ガルシアとユマ・サーマンじゃ美男美女の恋愛になってしまうというのが、監督は相当悔しかったらしい。
その分、物語の皮肉さ・切なさが多少薄まっているのは確かだ。ガルシアは頑張って「冴えない」人物を演じているんだけどね。

そうした多くの問題点を抱えつつも、非常に美しい映画である。画面ではいつも雨か雪が降っているのに、作品のイメージは乾いていてシニカルなのだ。希望とか正義というものが最初っから擦り切れてないような、そんな空気が漂っている。
ジョン・ベルリンが神の存在について吐く台詞がある。「人間の祈りを神は聞いているのか? いいや、聞いちゃいない。何故ならば……」
このベルリンの台詞の滑稽と悲観の混じり具合が、映画全体を象徴しているようだった。ハードボイルドに美学があった時代の、美しさと切なさを残した映画だと思う。




ちなみに、全盲な女性を演じるユマ・サーマンはとても可愛い。何しろジョン・ベルリンの視点から描かれているので、そりゃもう無垢で綺麗で浮世離れした雰囲気である。(そこがこの映画の重要なポイントでもあるのだが)
考えてみれば、ブルース・ロビンソンの作品に悪女は存在しない。小説『Peculiar memories of Thomas Penman』に出てくる女の子なども、実際は相当すれっからしじゃないかと思えるのだが、主人公のPenman少年の目には全く悪く映っていない。
おそらく、ロビンソンという人は好きになってしまったら相手のことを悪く思えないタイプなんだな……。
まあ、だからといって作者としてのロビンソンが客観性を失っているわけではない。女性が物語の鍵を握る重要な役割を果たすのだが、そのどんでん返しは女性に対する主観と客観の落差に起因しているような気もする。
その辺も含めて『ジェニファー8』は面白いのだった。
posted by heathertop at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Review | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。