2006年01月29日

About Smashing Typewriters


というわけで、新しくブログを始めました。

これは、イギリス人の映画監督にして脚本家、俳優、作家でもあるブルース・ロビンソンについて徹底的に情報を集めまくり、気が済むまで分析したり考察したり、きゃ〜きゃ〜とミーハーなことを叫んだりするページです。

ブログというものはタイトルが必要らしいので、とりあえず思いついたままにSmashing Typewritersとしてみました。
Smashing Pumpkinsをちょっと意識してますけど、由来は「Smoking in Bed」というブルース・ロビンソンに対するインタビュー集に出てくる一番好きなエピソードにあります。この本は、ペーパーバック丸々一冊分が質問と答えで構成されている本なんですが、どうやらこのインタビューはロビンソンご本人の書斎で数日間かけて行われたようなんです。
それで、何時間にもわたるQ&Aの後で、エディターのAlistair Owenによる最後の質問というのが、


Q:ところで、インタビューを始めた時から訊いてみたいと思っていた質問があるんですけど。あなたのIBM(タイプライター)のカバーには、どうして大きな穴が開いているんですか?

A:私が火かき棒で殴ったからだよ。意図していたようには、ならなかったんだけど。(言葉を)聞くことが出来ない時、書けない時というのは、ひどく苛立たしいものだ。それで、私はちょうど何かを握ったから、バシッとね……



というわけで、彼が執筆に用いるタイプライターには大きな穴が開いているんでした。それでも壊れずにまだ使えているという辺りが、パソコンと比べて丈夫ですね。
誰しもタイプライターを叩き壊したくなる瞬間はあると思うんですが、それにしたって壊さねーよ!という気もします(笑)。そんな共感とロビンソンに対する愛着の気持ちを込めて、このブログはSmashing Typewritersとしたわけです。
どうぞよろしく。


【関連する記事】
posted by heathertop at 16:32| Comment(2) | TrackBack(0) | Profile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、初めまして。

Bruce様ファン若葉マークの新参者でございます。Bruce様関連情報を連日検索しており、こちらへ辿り着きました。貴ブログを拝見して学習させて頂いております。勢い余って映画STILL CRAZYのファンサイトを製作日数1週間未満で完成させ、昨晩公開に至った所です。現在SMOKING IN BEDを読んでいる所で、引っかき集めた情報を基にこれから色々購入していく予定です。Bruce様の出演・監督・執筆作品はキャリアの割に少ないので、一通り集めても破産する事にはならないであろうと、コレクター魂全開の現在その点だけは安心!?(笑)

本来はメールでお願いする事ではありますが、ご連絡先が見当たらないのでここでお願いさせて頂きます。弊サイトのLinksページからこちらへリンクさせて頂きたいのですが宜しいでしょうか?お返事をお待ちしております。ありがとうございます。
Posted by still crazy for STILL CRAZY at 2006年02月28日 21:21
こんにちは!

こちらこそ、始めたばかりのサイトにようこそおいでくださいました。連絡先すら載っていなくてごめんなさい……実はどうやって追加したら良いのか分かっていないだけなので、そのうち改善するつもりです(苦笑)。
リンクですが、勿論構いません。数少ないロビンソン・サイトとして、彼の素敵さを世に広めて行きたいものですね。

Smoking In Bedをお読みになっているのですか。あれはインタビュー集としても凄く面白いですよね! 話し手としても才能のある方なんだと思います。「ウィズネイル」の特典映像にインタビューがあるのですが、Smoking In Bedに書いてある通りの声色使いで、とても楽しいですよ。
コンプリートへの道はそれなりに長いと思いますが(笑)、お互いに頑張りましょう。どうぞ宜しくお願い致します。
Posted by heathertop at 2006年02月28日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12453638

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。